特許,商標,著作権,不正競争防止法など知的財産に関する法律問題を鮫島正洋が解決!

特許紛争(被告編)


特許紛争を仕掛けられた場合,対応に時間を掛けられません。
限りある時間の中で,いかに適切に対応するかが極めて重要になります。

そのためには,日常業務の中で,来るべき特許紛争を予見し,対策を講じておくべきです。
また,特許紛争にならないようにビジネスを展開するというのも,効率的な考え方です。

ここでは,特許紛争を仕掛けられる側が留意すべき点について,
詳細に検討していきます。 


特許調査をしたら危ない特許が

弁護士からの警告状がやってきた!

突然の提訴!どうしたらいい?

突然の提訴-保険加入で大丈夫?



法律相談のご予約・お問合せについて

自社の技術をライセンス・事業化したい

インターネットで新しいサービスを始めたい

模倣品・コピー商品を見つけた

取引先とトラブルになってしまった

といったご相談に応じております。

知財弁護士.COMについて

TOPへ戻る

事務所概要

弁護士紹介

アクセス

弁護士費用の目安

相談の流れ